僕は風俗体験談が怖い。何よりも怖い。……地雷を隠しているような気がしてね。

スキンシップが上手いデリヘル嬢

デリヘルを頼んだ時に思うのが指名した女の子によっては「この子やるな」と思ってしまうことがあるのです。それはどういうことかと言いますと、先月指名した女の子の話になるのですが、その子はとにかくスキンシップが激しい子なのです。

しかし、そのスキンシップは凄くナチュラルに接してくるのでわざとらしさを感じさせないのです。例えば入浴する前に着ている服を脱がされる時に一瞬だけ胸を私の体に当ててくるのです。

これが常に当たっていると嬉しさはあるものの、わざとらしさを感じてしまいマニュアルなんだろうなと思ってしまいます。ところが一瞬だけだともっと胸を当ててくれよと思ってしまい、興奮度が徐々に上昇していくのです。

現にこの後の私はこの子の胸ばかりを揉んだり吸ったりして、自分の快楽などそっちのけでした。ようやく受け身になったものの、その時もその子の胸を片手で揉んだり届かない場合は脚の指で挟んだりしていました。これもこの子の上手すぎるスキンシップのせいなのです。

デリヘルで味見

恋愛や性にオープンな世の中ですが、中には古風な人もいます。大昔は当たり前のように、結婚まで貞操を守っていたのです。何年か前、そんな古風な女性と会いました。それが日常でなく、デリヘルだったので驚いたものです。熟女系デリヘルなので時間が長いです。

その時も90分で、嬢の身の上話を聞いたのでした。実はその嬢、旦那以外知らずに結婚したそうです。夜の営みは雑誌や人から聞いた知識しか持っていなかったそうです。何らかの要因で子供は出来ず、それが性的な興味を増す事になったとの事でした。

嬢は乳輪が大きめで卑猥な感じです。適度に出るところは出ていて、旦那以外知らないのがもったいないレベルです。恥部に指を入れると吸いついてくる、俗にいう「名器」でした。

もちろんデリヘルですから最後の一線は無しですが、多くの男性のイチモツ、或いは性行為での所作を味見しているようなのです。ちなみに旦那との営みはほぼ皆無、興味も薄れ、デリも隠れてやっているそうです。

やはりデリヘル嬢は若いにつきる

電車に乗っていると隣の席に若い女性が座ってきました。その女性の太ももが私の太ももに触れあってしまい、私は年甲斐もなく興奮してしまったです。興奮状態のまま電車を降りた私は久しぶりの性的興奮をデリヘル嬢にぶつけたいという衝動に駈られたのです。

私は帰宅することなく駅のベンチに腰かけて渋谷エリア内のデリヘル店を調べあげました。その中から見つかったのが若さを売りにしているデリヘル店で写真には先程隣に座っていた女性と同じ雰囲気の女性Fが掲載されていたのでこの子にしました。

Fは部屋に到着すると私の上着から丁寧に脱がしてハンガーに掛けてくれました。いつの間にかタオル一丁にされた私はFに導かれて浴室に向かったのです。浴室でも丁寧なサービスは行われていましたが、私は若い匂いに堪らなくなりむりやりキスをさせてもらったのです。

そのままFから手コキをされて私の固くなった肉棒からたっぷりと精液を搾りだしてくれたのです。ベッドでも若い肉体を堪能させてもらいました。
渋谷 デリヘル